無料ご相談・お問合わせはお気軽にお申し込みください。

【受付】平日10:00-19:00

人事労務のご相談03-6272-6183

お手続き・入力方法について04-7197-1100

LINE

お問い合わせ

いい会社をストーリーする。

スポット社労士くん

News

労働問題

労働問題

2022.04.01

モンスター社員の特徴とは?適切な対応や辞めさせる方法まとめ

モンスター社員の特徴とは?適切な対応や辞めさせる方法まとめ

採用したものの接待交際費を浪費するばかりで実績を上げない社員や、部下をメンタル不調に追い込む社員、あるいは明らかにメンタル不調で業務に影響が出ているのに休職しない社員など、会社の規模にかかわらず、経営者を悩ます問題社員はどこにでも潜んでいる可能性があります
そんな中、ここ2~3年、特に増えているのが“モンスター社員”に関するご相談です。
明確な定義があるわけではありませんが、常識を逸脱した言動で周囲を振り回し、会社側が対応に苦慮している社員をそのように呼んでいます。
問題を引き起こす社員には、様々な種類があります。
 
問題社員の主な類型
  • 非違行為を行う社員
  • 会社の指示に従わない社員
  • 協調性を欠く社員
  • 無断欠勤を続ける社員
  • 能力不足の社員
  • モンスター社員

 

こういった従業員の存在は会社の秩序を乱すだけでなく、他の従業員のモチベーションを下げ、生産性も低減させるなど不利益を与えるため、決して無視することはできません。

ただ、従業員の解雇に伴うトラブルは中小企業が直面する法的リスクの典型例でもあります。

もし不当解雇だと判断されてしまうと、事業主側は本来支払うべきであった賃金の支払いに加えて損害賠償の責任を負うことがあります。

そこで今回は、モンスター社員の対処法について、具体的な事例を交えてスポット社労士くんの代表者である関根光が解説いたします。

 

 

 

監修者コメント

関根光

スポット社労士くん代表 関根光

 

ここ最近、モンスター社員に関する相談が増えてきた背景には、労働者側が労働法に詳しくなっています

弁護士事務所が莫大な数の広告を打って過払い金請求を広めたのと同じ流れで、未払い残業代も請求しようという風潮になり、労働法や労働基準法について労働者が断片的に知るようになったのです

そうすると、ランチタイムや飲み会など、社員同士のコミュニケーションの場でそういった話が自然と出てきます。

どこの職場にも社内の不平不満を吸い上げるのがうまい人がいて、そういう人たちが労働法を振りかざしてモンスター化しているのです。

それとは別で最近多いのが、メンタルヘルス不調の社員です。

モンスター社員とは違いますが、彼らも問題社員の類型のひとつ。

ちょっと注意をすると「社長や上司の叱責があまりに強いからこうなってしまった」とすぐに病院へ行って適応障害の診断書をもらってくるようなケースがすごく増えています。

 

 

 

事例:就業時間中に何度も上司や同僚を呼び出して、他人の悪口を吹聴する社員

この問題社員を仮にAさんとします。

Aさんは様々な問題行動があり、主に以下のような問題を起こしています。

 

  • 業務中に私用の資格勉強をしている
  • 上司や同僚を呼び出しては会社のことを「泥船」、クライアントのことを「バカ」などと暴言を吐く
  • 「会議室に盗聴器が仕掛けられている」「経理担当者の手癖が悪い」といった被害妄想にも見受けられる発言をする

 

このような問題行動が続き、他の従業員から「Aを辞めせてほしい」という声が拡大し、Aさんの会社の社長から就業時間中に何度も上司や同僚を呼び出して、他人の悪口を吹聴する社員がいて対処に困っているという相談がありました。

こういったモンスター社員がいる場合、業務の邪魔になるだけでなく会社の雰囲気が悪くなってしまうなど、会社にとってデメリットしかないので、給料を1年分払ってでも辞めてもらったほうが得策です。

中小企業の場合、お金のある・なしにかかわらず「こんなやつには一銭も払いたくない」という気持ちが先行しがちですが、「辞めてくれるのならお金を払ったほうがよい」という判断できるかどうかが問題の早期解決のカギを握ります

ただ、辞めさせるのにもきちんとしたステップを踏む必要があります。

 

 

 

モンスター社員に退職を促す3つのステップ

モンスター社員を退職させるには、主に3つのステップを踏むと良いでしょう。

 

  1. 他の社員への事情聴取と証拠集め
  2. 具体的に問題行動を指摘し、書面で注意・指導をしていく
  3. 改善が見られない場合は弁明の機会を与えた上で退職勧奨

 

詳しく解説していきます。

 

 

 

1.他の社員への事情聴取と証拠集め

まずは問題行動を観測している他の社員から事情聴取をし、証拠を収集します。

「〇月〇日〇時〇分『こんなのやってられない』と言って書類を投げた」など、誰が読んでもその光景が思い浮かぶように、できるだけ具体的に書面に残します

また、録音も有効的です。

 

 

2.具体的に問題行動を指摘し、書面で注意・指導をしていく

問題社員に対し、「口頭で何度も注意した」とおっしゃる経営者は多いですが、書面に残していなければ意味がありません

具体的には指導を行った上司等が記録し、部長や社長に確認してもらいます。

これを時系列でファイリングすることで証拠として残すことができます。

1と同様、録音をして証拠に残すことも有効的です。

 

 

3.改善が見られない場合は弁明の機会を与えた上で退職勧奨

1の証拠を基に、「○○は解雇事由に当たるがなぜやったのか」等、書面で弁明の機会を与えます

大体の場合は弁明書の中で反省していない様子が読み取れるため、そのような状態になったら退職勧奨を行います。

 

 

 

退職を促す際のコツ

この流れの通りに展開していけばスムーズに退職を促すことができますが、ほとんどの中小企業は情報や証拠を書面で残していないため、退職勧奨をしてもモンスター社員に何が悪いのか理解してもらえません

私たちのところに相談が来るのは、大体の場合は事態が悪化してからで、証拠は何も残っていません。

証拠さえあれば、あとはスムーズに進められるので、この点はお含みおきください。

 

 

経営者と社員で対立してしまった場合は?

今回は他の従業員が一致団結して「モンスター社員を辞めさせよう」という流れになったため進めやすかったですが、同じような不満を持った人たちが派閥を作って経営者に歯向かうというケースもあります。

すると、周りに事情聴取をしても「○○さんは悪くないですよ」と言われてしまい、退職勧奨をすることが難しくなってしまいます。

そのような場合は一人ひとりの不満・要望に耳を傾け、切り崩していく方法が最善策でしょう

 

 

モンスター社員が弁護士を雇ったりユニオンに相談してしまったら?

退職勧奨をした際に、モンスター社員が弁護士を雇ったり、ユニオンに駆け込まれてしまうととても厄介です。

団体交渉で何度も話し合いが行われ、とても時間がかかるだけでなく、相手の予測を上回る金額を提示しないと退職しないと言われてしまう可能性があります

不本意ではあっても、ある程度の金額を積んで合意退職に持っていくほうが良いでしょう。

 

 

モンスター社員は解雇事由の定義付けが難しい

解雇の事由はいろいろありますが、大きく2つに集約すると、以下の通りです。

  • 客観的かつ合理的事由があるかどうか(就業規則に定められているか)
  • 社会通念上相当か(一般常識的にアリかナシか)

 

遅刻や欠勤を繰り返す、あるいは非違行為などは事象なので簡単に解雇することができますが、モンスター社員は定義付けが難しいです。

「会社への適格性がない」「協調性がない」というのをどう証拠で残すのかがポイントになります。

ちなみに、従業員が退職勧奨を拒否した場合は普通解雇できます

懲戒解雇は会社のお金を横領したり、社内で暴力事件を起こすなど以外はほぼほぼ不可能で、裁判では必ず取り下げられてしまいます。

 

 

 

モンスター社員は誰が育てているのか?

忘れてはならないのが、モンスター社員は経営者が育てている部分もあるということです。

従業員の不満を早期解決していればモンスター社員にならなかったかもしれませんが、放置してしまった結果、問題行動を頻繁に起こすようになってしまいます

モンスター社員は自分の行動に対する注意もあまりされないため、居心地が良いと感じて自己都合で辞めることがほぼ無くなってしまいます。

このように人と人のトラブルが会社の中で起こってしまっているのが昨今の労働問題です。

 

 

ぶら下がり社員にはどう対応する?

問題社員には今回のようなモンスターもいれば、指示された事以上はしない、いわゆるぶら下がり社員もいます。

中途半端に会社を働きやすくすると、ぶら下がり社員が増殖してしまうため要注意です。

在宅勤務を導入する企業が増加していますが、在宅ですごく仕事をする人としない人が二極化してしまいます。

このようなぶら下がり社員を発生させないためには会社がやるべきことを明確にし、従業員の業務を指示し、業務が終わったら日報で報告してもらうなど、徹底的に管理をすることが重要です。

ログで日報を管理できるサービスを活用することや、気になる社員に対してピンポイントでチェックすることで、ぶら下がり社員の発生を抑制します。

 

 

 

【まとめ】モンスター社員の対応方法

モンスター社員の対応をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

  • モンスター社員がいたら書面で証拠を残す
  • 弁明の機会を与えても改善が見られない場合は退職勧奨する
  • モンスター社員は周囲に悪影響を与えるため、1年分の賃金を払ってでも辞めてもらうほうが利益になる

 

もしモンスター社員が社内にいたらこのような対策を取りましょう。

スポット社労士くんは顧問料0円の社労士法人で、各手続きもスポットで対応しています。

労務相談や就業規則の整備・給与計算のクラウド化なども行っているのでお気軽にお問い合わせください。

 

【受付】平日10:00~19:00 

※ご相談内容によっては、有料の労務相談に切り替える場合がございます。

※「記事を見た」とお伝えください。

電話  03-6272-6183

メール info@spot-s.jp

 

監修者プロフィール

関根光

関根光
スポット社労士くん社会保険労務士法人代表。顧問料0円で必要な時だけピンポイントで利用できる人事労務サービスを提供。

新規適用、入退社の手続き、給与計算、就業規則など労務管理の整備から、助成金、人事評価、従業員の定着・採用など人事制度の構築まで、創業期からIPOまでの会社をフルサポートしている。

一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ

サービスについてのご質問やご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら