【税理士みつかる】税理士、会計事務所が一覧で特徴別に検索できるサイト

IT化に強い税理士事務所

クラウド会計のその先

初期設定さえ整っていれば「クラウド会計」はとても便利で、経理事務者の業務効率化に繋がります。

また、クラウド会計を単体で導入するだけでなく様々なクラウドと連携するとさらに効率化が進みます。

「スポット社労士くん」でも実際に、勤怠や給与システム「人事労務Freee」やタスク管理システム「FLOW」の導入をしています。例えば「FLOW」の場合、毎月行う業務の流れを定型化するので、業務を実行する担当者による個人差を減らすことができます。

今回、インタビューをした税理士事務所3社では、私の知らないクラウドの導入支援をたくさんしています。

自社の会社で使いたいクラウドがあった方は、是非顧問の税理士の先生や今回ご紹介させていただく先生方の連絡を取ってみてください。

社内でIT化をするきっかけ

皆さんの会社はIT化を進めていますか?

創業72年となる弊社も7年前までは古くからのやり方に沿って、会計業務をすべて紙媒体で行っていました。そこに多くの時間を取られていたため、社内の業務をすべてIT化したところ、今まで会計処理に取られていた時間を顧問先様への情報提供の充てられるようになりました。

現在、インターネットが盛んになり様々な情報が世の中に流れています。誤った情報もたくさんある中で、顧問先様が会社のメリットになる情報を見極めることは難しいと思います。

そこで弊社は顧問先様の特徴に合わせて適切な情報を提供し、ご要望があれば全力でサポートさせていただいております。

今ある問題解決に向けて、今後IT化にていきたいと思っているお客様はまず相談してみてください。お客様の問題解決のための窓口になり、様々な課題に対して提携している社労士・弁護士をはじめクラウド会社などをご紹介させていただきます。

社内でクラウド30個以上導入

様々なクラウドがあるけれど結局はどれがいいのかわからないという会社が多いのではないでしょうか。

弊社は、顧問先に提供する前に、まず弊社に導入して試すということを徹底しています。現在30個以上のクラウドを実際に導入し、顧問先の課題に合わせてご紹介しています。

実際にDX化した事例

最近は、飲食業のお客様からIT化したいというお声をいただくことが多いです。レジや勤怠といった基本的なものから、「Teachme Biz」という人材育成のためのマニュアル作成などまでクラウド化をご紹介しています。

こういったIT化に関しては、お客様にご紹介し、それぞれのクラウドと提供している業務へ連携させていただきます。そうすることにより、お客様がスムーズに導入できる環境を作っていきます。

IT導入補助金を活用して、社内のIT化進めませんか?

私たちの事務所では、IT導入補助金を活用することで、「低コスト」で「賢い」ITツール導入のお手伝いをさせていただいております。

勤怠をクラウド化することにより、大幅な業務効率化につながります。エクセルで勤怠の管理をしていた場合、集計や計算、振込を合わせて丸1日かかっていた業務が、クラウド勤怠に変えると、振込までたったの1時間で終わります。

導入や設定に関しては、基本的にお客様自身にやっていただき、一人で使いこなせるようになるまで手厚くサポート致します。

IT導入補助金ってなんですか?

IT導入補助金とは、中小企業等の会社がITツールを導入するための経費の一部を補助する助成金です。

知らないままではもったいない。是非上手に活用しましょう!

業務のIT化だけじゃない、創業融資にも強い!

IT化以外にも経営の財務に関することは、すべてワンストップでサポート致します。

過去に、創業融資金を1億集めた経験があります。その経験やノウハウを基に、コロナの時期で融資がうまくできなかった会社様でも、融資のご支援を積極的にさせていただいています。

また、クラウドだからこそ、コロナの時期でも顧問先が1社も潰れることはありませんでした。事業承継やM&Aなども推進しているため、入口から出口まですべて任せていただければと思います。

顧問先のクラウド化について

今までお手伝いさせていただいた90%以上の会社に、クラウド会計ソフト「会計freee(フリー)」を導入し、経理・会計の自動化や時間削減のサポートをしています。

BtoC向けの会社に関しては、売上管理システム「Airレジ」の導入支援も行います。「Airレジ」をクラウド会計と連携させることで、毎日の記帳を自動化することで業務時間を短縮し、人為的ミスをなくすことができます。

このように、顧問先の業態に適したクラウドを会計Freeeとと連携させ、顧問先の業務効率化のお手伝いをしています。

クラウド導入のきっかけはなんですか。

双方の業務効率化を考えたとき、クラウド会計の導入が必要と考え、独立したタイミングでクラウド会計と連携できる様々なクラウド導入支援も同時に始めました。

どのように導入支援していますか?

最初は、私たちの税理士事務所の業務効率化の為に、お客様にクラウド導入を積極的に提案していました。すると、お客様も「人為的なミスが減り、時間短縮になった」と喜んでくださいました。すると、「会計に関係のない別の業務でもクラウド化したい」というお声をたくさんいただくようになりました。そこで、弊社が対応できる範囲で、業務に適したクラウドを提案し、全力でサポートさせていただいております。

しかし、すべての会社が業務をクラウド化した方がいいとは限りません。

クラウドのソフトは会社に合わせたカスタマイズができないため、今までのやり方を少なくとも変える必要があります。それでも、今後の業務の効率化を考えて、導入してみようかと悩んでいる方は是非一度ご相談していただければとればと思います。