御社にぴったりの税理士がみつかる!

リライル会計事務所

ITベンチャー企業の聖地である渋谷にてスタッフ15名とともに、 ITベンチャー企業に対し、クラウド会計を活用してサポートしています。 クラウド会計に詳しく、IT業界特有の課題や悩みをよく理解していることもあり、 現在は、クライアント400社中300社がITベンチャー企業。 大手IT企業より独立起業した個人事業主から、数十人のスタッフを抱える中堅のベンチャー企業まで規模はさまざまです。 これからは、IPOを目指して成長していきたいベンチャー企業もどんどん応援していきたいと考えています。

東京都渋谷区道玄坂1-19-13 トップヒル並木5F

03-6427-0671

https://xn--gckrtyu6cf5n3dwe7de6331hooui.com/

お問い合わせ
強みのサービス:
税務顧問、クラウド会計コンサルティング、監査、経理アウトソーシング
強みの業種:
IT系
特徴:
クラウド会計を活用したベンチャー支援が得意

事務所の特徴

特徴は「分かりやすさ」と「2つの視点」

 

「分かりやすさ」について

多くの会社の方は、会計税務に関して専門家ではありません。
ですので、私はあえて専門用語を使わず、かみくだいた言い方、分かりやすい例えや図を使います。

相手の方に「ああ、そういうことですか! よく分かりました」
とちゃんと理解していただくことが、プロの仕事だと思っています。

もともと学校の先生になりたかったこともあるかもしれませんが、
人に何かを伝えること、その結果感謝されることが大好きで、分かりやすく伝えることを心がけています。

 

「2つの視点」

私の強みは、税理士と公認会計士どちらの視点も持っていること。
税理士と公認会計士、違いは何なの?とよく聞かれますが。
実は決算について真逆の見方をしています。

一般的に税理士は、経営者に寄り添った立場で、数字を積み上げていく考え方ですが、
会計士は、決算書が適正かどうか外部から評価する立場で、
数字を俯瞰的に捉え重要性のあるところを狙い撃つ考え方をとります。

資金調達、税務調査などの交渉事がある仕事の場合、
銀行やベンチャーキャピタルや税務調査官は、当然外部から評価する立場で、重要性のあるところを狙い撃ってきます。
そのため、彼らの考え方・指摘のポイントをあらかじめ予測し、説明の資料を準備しておくことが肝要ですが、
そういった際に会計士の考え方が活きてくるのです。

今までの実績としては、
ITベンチャー企業で5億円を調達したり、
倒産寸前の会社の借入のリスケジュールを成功させ企業の倒産を回避し窮地を乗りきった経験があります。

そういった際はクライアントから
「先生、ありがとうございます。一生の恩人です」と感謝されたときは、

「この仕事をしていてよかった」

とやりがいを感じますし、
そのような深い関わり合いができたことが大変うれしくもありました。

事務所基本情報

税務・コンサル分野について ※会計事務所が力を入れているサービスです。

提供サービス 未対応 対応 得意
税務顧問
経理・記帳代行
確定申告
年末調整
創業支援
融資・資金調達
クラウド会計
経営支援
相続
事業承継・M&A
IPO
節税・税務調査

会計事務所の特徴について

対応業種 未対応 対応 得意
社会福祉法人
英語が対応できる
中国語が対応できる
ビデオ会議で対応できる
税理士が直接対応できる

人事・労務分野について ※スポット社労士くんとの前年度協業実績です。

対応業種 未対応 対応 得意
社会保険手続き
給与計算
(人事労務freee)
就業規則
助成金
評価制度
求人サービス
モチベーションサーベイ

住所

東京都渋谷区道玄坂1-19-13 トップヒル並木5F

お問い合わせ