御社にぴったりの税理士がみつかる!

クラウド会計(Freee・MF)に強い税理士事務所3選

クラウド会計って私でも使えるの?

「クラウド会計」は、だれでも使いこなせるような仕組みになっているのを知っていますか?そもそも、会計Freeeは経理に関して全然わからない人向けに作られた「クラウド会計」です。
今回たくさんの税理士の先生の話を聞いて、上手に「クラウド会計」を活用するポイントとして、初期設定を専門知識のある会計事務所にお願いするのがいいと思いました。「クラウド会計」には、AIが組み込まれている為、初期設定えお間違えてしまうと、クレジットカードの連携や請求書の連携などが出来なくなってしまうからです。しかし、初期設定さえ整っていれば、「クラウド会計」はすごく便利で、経理事務担当者の業務時短に繋がります!

様々なクラウドと連携できもっと楽に!

クラウド型の在庫管理システムやECサイト、またクラウド型のレジやクラウド型給与計算とも会計Freeeなどのクラウド会計は連携することができます。
クラウド同士で連携すると、売り上げなど手入力せずすべて自動で反映されます。経理事務の担当者はこれまで入力していた時間が省けるので、生産性向上に繋がります

今までよりも手間が省けるうえに、最新のソフトが使える?

常に最新情報が入っているソフトを会計Freeeなどのクラウド会計では、無料でアップグレードできるのでを知っていましたか?
例えば、今までのインストール型の会計ソフトは、消費税などが変更すると新しい情報が入っているソフトを購入しパソコンにインストールしていました。そのインストール時間は業務できず、手間も時間もお金がかかっていました。
しかし、会計Freeeなどのクラウド会計は、常に最新の情報のソフトを使うことができ月額も基本的にリーズナブルなため、手間も省け時間も有効活用できます。

経営判断が格段と早くなる?

「クラウド会計」を導入すると融資の時、必要な書類をクラウド会計からすぐ出すことができます。また、月次決算も翌月の1日には、前月データがまとまっている為、中小企業やベンチャー企業の社長様は特に経営判断が早くできます。

これからの税理士の見つけ方👀

私は、この特集記事を見て、たくさんの人に自分の希望に合った税理士の先生を見つけてほしいと思いました。従来の税理士の先生とのやりとりは、実際に税理士の先生と会って、紙のデータを使っていましたが、クラウド会計を導入することで、会社の場所関係なく全国の税理士の戦士絵と情報を共有し、仕事のやりとりができます。「税理士みつかる」で自分の会社にあった強みを持つ税理士の先生をぜひ探してみてください。
今回は、スポット社労士くんが選んだ「クラウド会計の導入に強い税理士事務所を3社ご紹介します。

クラウド会計を始めたきっかけ

AIにとって代わる職業ランキングの上位に入っているので、今後の自分の職業に対して危機感を感じました。また、会計Freeeの主催する勉強会に参加したところ、記帳代行のような単純計算はAI化が進んでいくというお話を聞きました。そこで、いち早くクラウド会計の導入を進めていくことを決断しました。

他の税理士事務所とは異なる強み

弊社は、これまでにクラウド会計の導入実績が400社で全国第1位の実績がある会計事務所です。その結果、Freeeでは5つ星アドバイザー、MFクラウドではゴールドアドバイザーの称号をいただいてます。他社の事務所と異なり、知識yあ経験が圧倒的に多いことが強みです。また、導入支援を行っている会社は、大手IT企業より独立起業した個人事業主から、数十人のスタッフを抱える中堅ベンチャー企業までさまざまです。


クラウド会計を始めたきっかけ

私たちの事務所ではお客様の生産性を向上させるために、クラウド会計を検討しました。クラウド会計は実際導入するとお客様の記帳が簡単になったので、会計Freeeの推進を決めました。また、私たちとお客様の間でデータを見える化することにより、情報もすぐ共有できます。お客様がとても使いやすい会計Freeeの導入支援に力を注いでいます。

他の税理士事務所とは異なる強み

会計Freeeを導入したが操作等で不明点があった時、すぐ解決できないのではお客様にとってストレスだと思います。私たちの事務所はお客様の生産性が向上するためのお手伝いをしています。お客様の待ち時間が0にできるように、お客様と直接対応する担当者は全員、会計Freeeの認定アドバイザーの資格を取得しています。クリニック以外にも、福祉施設や一般企業も対応しています。

クラウド会計を始めたきっかけ

クラウド会計を始めたきっかけは、リアルタイムでお客様と情報共有できるのが良く導入しました。通常の会計を行った場合、紙で印刷した部分でしかお客様と情報を共有することができません。しかし、クラウド会計を導入することで、お客様自身が気になる部分をすぐ確認することができるので、お客様のストレスも少なくなるので、導入しました。

他の税理士事務所とは異なる強み

最大の強みは、お客様によってクラウド会計の対応方法が異なることです。
クラウド会計の特徴として、わからないことがあったとき、お客様自身で調べることができます。ですが、直接会って説明してほしいお客様もいらっしゃるので、そういう場合に直接会って1つ1つご説明をさせていただいております。また、お客様と同じ画面を共有することができるので、オンライン上のやり取りでの対応もできます。お客様に合わせて、クラウド会計や対応の方法も変更しています。